車は下取りの方がいい?買取との違いや知っておくと便利な情報などの雑学を紹介

このサイトでは車の買い替えを検討している方を対象に、お手持ちのマイカーを下取りにだすべきか買取にするべきかの判断の参考になるコンテンツを御紹介しています。
買取は現金化を目的にするのに対して、そのまま引き取ってもらうというのは値引きの側面が強いということを、まず確認しておきましょう。
人気の種類では買取に出したほうが結果的にお得になることもありえます。
上手に使い分けて、リーズナブルな買い替えを実践できることを目指しています。

車は下取りの方がいい?買取との違いや知っておくと便利な情報などの雑学を紹介

車の買い替えの場面では、現在手持ちをどのように処分すればリーズナブルな費用に収めることができるのかが問題になります。
下取りを選択するのは、そのまま手持ちの車をお店に預けていけるので、手軽で便利ということもあり現在でも主流です。
しかし下取りは便利な反面、もしかすると手間を省ける分、金銭的にはマイナスになっている可能性もあります。
多少の労力を厭わないのであれば、下取りだけでなく買い取りも検討する際の選択肢に入れることも考えてみてはいかがでしょうか。

車の下取りは買い替えのときの特権

自動車を処分するときの手段として、買取りと下取りという方法があります。
買取りは廃棄でも買い替えでも利用するタイミングを選びませんが、下取りは自動車の買い替え時のみの特権として利用できます。
メリットは、新しい自動車に乗り換える直前まで使用していられる、購入と処分が同時にできるので面倒な手続きが減るという点でしょう。
買取りを利用するときは、買取業者を利用することになるので販売店とは別に手続きをしなくてはなりません。
そのため手放すタイミングを間違えると、その間の「足」がなくなり不便を強いられることになります。
また、2重の手続きが必要になるので処分における手間は買取りのほうがかかるでしょう。
ただし、下取ってもらえるのは新しく自動車を購入する販売店のみ、現金での受け取りではなく購入額からの値引きという形になります。
より高い金額で手放したいというのなら、見積もりを出したうえで検討するのがおすすめです。

車は下取りは買取りよりも安くなるは本当か?

中古車は下取りよりも買取りに出した方が、お得に売ることができるとよく言われています。
そのため、買い替えをする時もディーラーでは売らず、買取専門店を利用して手放すという人も多いのです。
なぜ価格差が付いてしまうのかが気になるところですが、理由のひとつに査定レベルの違いが挙げられます。
買取専門店の場合は中古車オークションでの相場をもとに、リアルタイムの価値を反映させた上で金額を付けますが、ディーラーは独自の査定基準をもとに金額を決定し、中古車オークションの相場は反映されないことが主です。
また、ディーラーは社外装備に対して基本的に価値を付けませんが、買取専門店は装備類も含めて細かくチェックします。
ここでも価格差が生まれますし、専門店への売却と比べ安くなってしまいがちです。
ディーラーは競合がいないのも金額が低くなる理由です。
買取専門店の場合は、高い金額を付けないと他店に売られてしまいますので、それによって競合が生まれ金額も上がりやすいです。
その点、ディーラーは売るのが本来の仕事であり、高い査定価格を付けることを重視していません。
ディーラーと買取専門店はそれぞれで方向性が異なるため、価格差が生まれるのは必然ですし、結果的に下取り額も安くなってしまいがちなのです。

車は下取りの方が実は交渉しやすい

車を買え変えたいから、買取店に売却を考えている人は多いでしょう。
車の購入は大きな買い物なため、少しでも高く売りたいのが本音です。
買い取り価格の値上げは難しいのではと思っている人も多いと思います。
今回は車の下取り交渉について解説します。
まずは当たり前ですが、売り手は高く売りたく、買取店は安く買い取りたいのが基本です。
また、買取店は同時に在庫がなければ商売にならないので、なるべく自分達に売って欲しいという気待ちもあります。
そこで、重要なのが売る姿勢を買取店に見せることです。
買取店の多くはお客様の反応見るため、低い価格を提示してくる場合が多いです。
ここで条件を飲まず、値段を引き上げてくれるなら、早く売るという姿勢を見せると価格交渉がしやすくなります。
自動車の相場は変動が激しく、よほどのプレミアムがついていなければ、上がることはなく時間の経過ともに下がる傾向があるため、買取店も早く買い取り、売ってしまいたいという気持ちがあります。
値段の提示時にあなたの買い取り価格を上げたらあなたのお店で売りますよと売る姿勢を示すことで、買取店も価格の値上げの相談に応じやすくなります。

車の下取り価格はディラーの考え方しだい

今乗っている車を下取りにして新車を買いたいなどでディラーで見積りを出してもらうことができます。
年式だったり、傷がないか、マイナーチェンジやフルチェンジで型落ちになっていないか、走行距離などいろいろな条件の下で基本的な価格が算出されます。
その見積もりをもとに金額交渉すると、走行距離が短かいからもう少し上げることができるなどと言ってくれることがあります。
購入しようとしているお客さんへのサービスの一環でもあり、買った後も点検などのメンテナンスだったり、その次の車を買おうと思ったときもまた来てほしいという長いお付き合いを望んでいる表れです。
だからこそ少しでもお客さんにとっていい値を提示して、ぜひ車を買ってほしいという気持ちが働きます。
そのため値段交渉をしていく中で、下取り価格について触れていくとディラーが一生懸命上げようとしてくれるので、考え方しだいで期待以上の金額になることがあります。
交渉してみる価値はあります。

車,下取りに関する情報サイト
車の下取りと買取はどちらがお得?

このサイトでは車の買い替えを検討している方を対象に、お手持ちのマイカーを下取りにだすべきか買取にするべきかの判断の参考になるコンテンツを御紹介しています。買取は現金化を目的にするのに対して、そのまま引き取ってもらうというのは値引きの側面が強いということを、まず確認しておきましょう。人気の種類では買取に出したほうが結果的にお得になることもありえます。上手に使い分けて、リーズナブルな買い替えを実践できることを目指しています。

Search